月別アーカイブ: 2015年10月

熱すぎ

汗ジミをなくすために私がやった2つの対策

数年前くらいでしょうか・・・某有名女子アナのワキ汗が見苦しいと、投書があったとかで、話題になりました。

仕方の無いことですが、やっぱり見ていて気分の良いものではないですね。

その話題にふれた事で「汗ジミ自体」が急に気になりだしました。

人のふりみて我がふり直せとは、このこと。

私は、汗はかきにくいほうですが、それまでもにおい対策はしていました。ただ、これだけだとエチケットといてよろしく無いんじゃないかなと思い、以下のような汗ジミ対策を加えました。

直塗りの制汗剤を利用

まず、直塗りする制汗材を使い始めました。

私が選んだのはデオナチュレという商品です。他に比較できる商品をあまり知らないのですが、以前使用していたスプレータイプよりも塗ってから、乾かす時間もなくすぐに服を着られることが、手軽でよいです。(その他の制汗剤について知りたい人はこちらのサイトが詳しかったです。)

効果の程ですが、これでワキ汗がなくなるということはないですが、多少汗をかいても、べたつくことは少なくなりました。それと、においに関してはスプレーよりも効果が高い気がします。

また、スプレーだと冬場は冷たくて使うことが億劫でしたが、案外冬場の重ね着と暖房のほうが、嫌な汗をかくことも多かったので、直塗りにしたことで冬場も使いやすいことも高ポイントでした。

汗が目立たない服装選び

さらに、追加した対策としてはワキ汗が目立たない色や、すぐ乾く素材の服を選ぶようになりました。

グレーや紺、あとは綿素材は汗が目立ってしまいます。

あとは、中のインナーも、汗取り用で、ワキの下に少し厚みがあるものを着ています。

ユニクロのエアリズムシリーズのフレンチスリーブがお気に入りだったのですが、廃盤になってしまったようで、今はGUの類似商品に落ち着いています。

それと、これは以前から行っていたことですが、汗をかいたらこまめにふくこと。手軽に使えるパウダーシートを【家、職場、バッグ、ピラティス用のバッグ】と用意し、汗が気になったとき、着替えるときなど、ふき取っています。

これに関しては、ワキだけでなく、胸の間や背中も拭いて対策しています。

習慣になってくると、そんなに面倒ではないですよ。汗ジミで悩まれているなら是非参考にしてみてください。